Press release

第9回日本在宅薬学会シンポジウム報告

  • 2016.7.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13729180_992945744157496_8428540196602156518_n

去る平成28年7月17日・18日。

大阪市で行われました第9回日本在宅薬学会へ参加をしてまいりました。

今回は、シンポジウム7の座長の役割を仰せつかり、

調剤薬局において今年の診療報酬改定の大きな目玉の一つである「かかりつけ薬剤師」の在り方について、

地域コミュニティをすでに動かしておられるドクターと、

コンビニという巨大インフラをいかに地域に根付かせていくかを10年以上にわたって取り組んできた商社マン。

そしてデザインの視点でコミュティを作っておられるクリエイターと、

全く「薬剤師」とは異なる視点からの提案をデザインさせていただきました。

学会のシンポジウム、参加される方々との関係をデザインする。

もしかしたら、これからはこういう仕事もマーケターの出番なのかもしれません。